無料テキストを今すぐ受け取る

 

登録後すぐにPDFテキスト「新規顧客から申し込みが増える告知文とキャッチコピーの書き方」を受け取ることができます。自動返信メールにてダウンロード用URLをお知らせしますのでご確認下さい。登録いただいた方にはメールマガジンをお送りしますが、ワンクリックでいつでも解除できます。

 

 

 

腕一本で食べていきたいけれど
新規集客にお悩みの個人事業主の方へ

こんなことでお困りではありませんか?

 

  • 友人、紹介、会社員時代からのお客様以外の新規顧客を増やしたい
  • そのためにブログを書いたりチラシを配ったりしているけれど、ほとんど反応がない
  • スキル不足が原因かもしれないと思って講習会や資格取得に励んでいるけれど、集客には結びついていない
  • 一度体験してもらえれば良さがわかるのに、その“一度”がつくれない!

 

コンサルタント、アドバイザー、インストラクター、施術者など形の無いサービスを扱う仕事は、能力次第でお客様と収入をどんどん増やすことができます。

 

しかし商品が手に取れないぶん、まったく初めての方に来ていただくためには商品の価値を言葉で伝えなければなりません。

 

新規集客がうまくいかない原因は、“言葉にできない”ことにあります。

 

 

 

もし、商品の価値を言葉にできたら……

  • ブログや広告を見て、まったく初めてのお客様から申し込みが入ります
  • すでにあなたと商品に親しみを持ったお客様が来て、リラックスしてサービスを提供できます
  • 友人や知人にありがちなしがらみがなく、純粋にプロとしてスキルを発揮できます
  • 自分と自分の商品に自信が持てるようになります
  • 商品の良さがわかってもらえ、リピーターが増えます

 

 

 

価値を言葉に変える方法を

“見える化”したのがこのテキストです

 

このテキスト、「脱・友人と紹介頼みの集客! 新規顧客から申し込みが増える告知文とキャッチコピーの書き方」は、現役のコピーライターが原稿作成やコンサルティングで使っているスキルを体系立てたものです。

再現性があるので、文章が苦手な人でもステップに沿って進めていくだけで、告知文とキャッチコピーをつくることができます。

 

 

 

 

登録後すぐにPDFテキスト「新規顧客から申し込みが増える告知文とキャッチコピーの書き方」を受け取ることができます。自動返信メールにてダウンロード用URLをお知らせしますのでご確認下さい。登録いただいた方にはメールマガジンをお送りしますが、ワンクリックでいつでも解除できます。

 

 

 

テキストの内容は……

 

「集客できる告知文を書く7ステップ」と「お客様の興味を引くキャッチコピー9系統」の2部構成になっています(A4サイズ 48ページ)

※PDFでダウンロードしていただきます。冊子の郵送はいたしません

 

 

集客できる告知文を書く7ステップ

 

1. ターゲットを設定する 
2. ベネフィットを伝える 
3. 欲求を満たす道筋を丁寧に説明する 
4. 買えない・買わない理由を先回りして解決する 
5. 内容が一瞬でわかるサービス名をつける 
6. 必須情報を100%載せる 
7. 型に当てはめて完成させる 

 

お客様の興味を引くキャッチコピー9系統

1 .未来イメージ系
2 .いいことあるよ系 
3 .気づかせる系 
4 .ギャップ系 
5 .くらべる系 
6 .なぜ?系 
7. 期間約束系 
8. かんたん系 
9 .表現の工夫系 

さらに、無料の文章相談をプレゼント(条件あり)

 

さらに、登録から10日以内にアンケートを返信していただいた方には無料のオンライン文章相談をプレゼントします。目安は60分です。

 

文章についてはもちろん、ウェブ集客やSEO対策などについての相談も可能です。

 

無料とはいえ本気で行うので、ドタキャンや音信不通は固くお断りします。

詳しくは、のちに送るメールをご確認ください。

 

登録後すぐにPDFテキスト「新規顧客から申し込みが増える告知文とキャッチコピーの書き方」を受け取ることができます。自動返信メールにてダウンロード用URLをお知らせしますのでご確認下さい。登録いただいた方にはメールマガジンをお送りしますが、ワンクリックでいつでも解除できます。

 

発行者プロフィール

利益を生みだす言葉をつくる

ウェブ集客コピーライター

平田けいこ

 

成蹊大学を卒業後に大手消費者金融に5年半勤めるも面白みを見出せず、「英語を活かしたインターナショナルな仕事をしたい」という、アラサー女子ありがちな具体性のない夢を追い続けて職を転々とする。

32歳のとき、勤務していた外資金融が日本を撤退してリストラされたのを機に1記事300円の内職ライターを始めたところ、実は英語より日本語のほうがよっぽど好きで得意だったと気づく。33歳で歯科企業の専属ライターに転職し、売り込まなくても売れる文章の基本を習得する。

 

出産後に復職するも、家庭との両立に挫折して4ヶ月で退職し、フリーランスに転身。会員になっていたシェアオフィスとヨガスタジオが集客不振で閉鎖したのをきっかけに文章で集客することに興味を持ち、セールスコピーライティングとSEO対策(ウェブ集客の手法のひとつ)を学ぶ。

それを自分のホームページで実践したところ、大手機関紙の連載や地方企業からの依頼などを受注。

この経験をもとにクライアントの原稿作成やセミナーを開催したところ、「ホームページからの申し込みが増えた」「ライン公式アカウントの登録者が増えた」など、うれしい報告を次々といただく。

現在はコピーライターとして原稿を書きつつ、個人事業主向けの文章作成コンサルティングやセミナー事業にも注力していく。

 

 

 

普通の文章であれば、あなたの「伝えたいこと」を書けばそれで問題ありません。

しかし、集客用の文章であれば、「あること」を最重要視する必要があります。

 

その答えは、PDFテキストのあとがきにあります。

それを最初にチェックして、1ページから読んでみてください。

感覚やセンスではなく、順序立てて集客文章を組み立てるコツがおわかりいただけます。

 

 

登録後すぐにPDFテキスト「新規顧客から申し込みが増える告知文とキャッチコピーの書き方」を受け取ることができます。自動返信メールにてダウンロード用URLをお知らせしますのでご確認下さい。登録いただいた方にはメールマガジンをお送りしますが、ワンクリックでいつでも解除できます。

 

 

特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー